PR漫画・広告漫画とは?効果についても解説

最近「PR漫画」「広告漫画」を目にする機会が増えてきたと思います。Webにおける媒体、記事やSNS・動画でもPR・広告に漫画が使用されています。

漫画の力を使うからこそPRと広告がより「伝わる」コンテンツになり、訴求力が上がると感じています。

またPR漫画や広告漫画でより見てもらえる確率を増やしCV等の全体の数字の底上げにもなります。ナーチャリングにも強い一面も持ち合わせています。

漫画をPRや広告に使う企業様が増えてきているからこそ、PR漫画・広告漫画を知る良い機会だと感じます。

PR漫画・広告漫画について詳しく書いていきたいと思いますのでご一読頂けたら幸いです。

PR漫画・広告漫画とは

PR漫画・広告漫画とはサービスや商品を漫画で表現し伝える手法です。

テキスト主体の伝え方より「見られる」「最後まで見てもらえる」特性があります。

最近はよく広告漫画を見られると思います。
Webで見かけるとついつい読んでしまいませんか?

これは漫画を「読む」ハードルが引くい(娯楽性から)という側面と、漫画のキャラクターやコマ割り自体が、展開を気になるように作られている為です。

SNSでの漫画に対してのクリック数はテキストのみの物のおよそ3倍になりました。また熟読率も上がります。

現在の「情報社会の情報量」はとても膨大なので、いかに見てもらい、読み進めてもらうか、はとても大事な部分となっています。

そこの部分を漫画という力を使って効果を最大限発揮させる。それがPR漫画と広告漫画です。

PR漫画・広告漫画の効果

先にあげた様に漫画には「読んでしまう効果」があります。
ではそれ以外にどんな効果があるのか?

以下の点が挙げられます。

・共感性が高い。
・記憶に残りやすい。
・擬似体験ができる。
・幅広い層にアプローチでできる。

詳しく説明をしていきます。

共感性が高い

PR漫画・広告漫画共感性が高い

これは漫画を読んだ事のある方なら感じた事があると思います。
漫画は基本的に共感する様に作られています。

それは「キャラクター」であったり「背景」であったり「セリフ」であったり、「ストーリー」だったりします。

漫画はこれらのポイントを自由に創作できるポイントがとても強い部分です。
ここをテキストで連想させるのは難しい為です。

ビジュアル的に伝える事ができるので、こちらで共感の誘導をする事ができます。これはとても強力な武器となります。

共感を誘導することで、より商品やサービスを効果的に読み手に意識させる事が可能となります。

ここに関しては、漫画家がヒアリングの際にターゲットを設定し、より共感してもらえる様に構成していきます。

複雑な部分ではありますが、とても大事な設計の部分になります。

ここをしっかり作りこむ事で、PR漫画・広告漫画としての共感性を高め、より効果的なPR漫画と広告漫画に仕上がります。

記憶に残りやすい

PR漫画・広告漫画記憶に残りやすい

漫画はとても記憶に残りやすいです。

漫画を読んでいる方は漫画の「名シーン」は鮮明に残っているのではないでしょうか。

漫画は物語として展開していく、先の共感を土台に進んでいく為記憶に残りやすいです。漫画のシーンやセリフを覚えているのは「流れ」として読んで記憶しているためです。

断片的な情報より、流れ的な情報の方が記憶に残りやすいです。

もう一つ、ビジュアルとテキスト(セリフ)で読み進める為、両方で記憶するために、とても記憶に残りやすくなっています。

商品やサービスを流れ・ビジュアル、テキストで見せる事で記憶にこのせる。それがPR漫画と広告漫画になります。

擬似体験ができる。

PR漫画・広告漫画擬似体験出来る

これも漫画の強みの一つです。

漫画は読者に擬似体験させる事が可能となっております。

漫画は「世界観」を構築できるため、読者を漫画の世界に没入させることが可能です。

おどろおどろしい土地の描写なら嫌悪感を持ちますし、キャラクターの痛みや感情すら擬似体験出来てしまいます。

読者は漫画を俯瞰してみているというよりは、その世界に入り込んでみている為、擬似体験をさせる事が可能となっております。

PR漫画と広告漫画を使う事で、擬似体験をしてもらい、商品やサービスに親近感を持ってもらう事も可能です。

幅広い層にアプローチできる。

PR漫画・広告漫画幅広い層にアプローチ

漫画は幅広い層にアプローチする事が可能です。

アプローチの手段として「絵柄」があります。

テキストに限っては見る側の印象は一定ですが、漫画では印象を変える事ができます。主にビジュアルを変えるのですが、それが「絵柄」に当たります。

塾等の年齢層が低めなコンテンツには可愛らしい絵柄。
ビジネス層には少し硬めの絵柄。
女性には、慣れしたんだ女性風の絵柄。

と、この様にビジュアルの操作で幅広い層にアプローチし、見てもらう工夫として使う事ができます。

アメコミ風の絵柄でインパクトを与える。といった事も可能となっております。

テキストだけではアプローチしにくい層にも漫画を使えば効果的にアプローチする事が可能となっております。

PR漫画・広告漫画のまとめ

PR漫画と広告漫画はより情報を届けるのに最適です。今の情報が溢れかえっている現代こそ、漫画を使い「見てもらい」「共感してもらい」「記憶に残してもらい」「擬似体験をしてもらう」「幅広い層」へ。結果訴求力・販促効果の工場に繋がります。

他の情報との差別化にはピッタリなのが漫画です。

自社の商品やサービスに漫画を使ってみてはいかがでしょうか?

Web(SNS含む)、DTPなんでもお使い頂けます。

今話題の漫画をPRや広告に。

漫画制作で疑問に思ったらミツモト漫画制作へ

ミツモト漫画制作ではより「伝わる」漫画の制作を行なっております。
Web業界の経験から様々な業種に関わってまいりました。

ディレクションからしっかりヒアリングをし、より伝わる、課題解決できる漫画の提供をしております。

漫画制作の事が分からなくても、しっかりとサポートして進めて行くので安心してお任せ頂けます。

クライアント様の利益向上に直結するお仕事を行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP