【Webtoon】今勢いのあるWebtoonがビジネスにマッチするか?

最近漫画アプリで流行り出している「Webtoon」はご存知ですか?

今回はそんなWebtoonがビジネスにおいてもマッチするのか?を考察し、書いていきたいと思います。

・Webtoonってなに?
・Webtoonをビジネスに使おうとしている
・流行りを抑えておきたい

そんな方に読んで頂けたら幸いです。

Webtoonとは?

Webtoonとは一体何なのか?
Webtoonは韓国が発祥のデジタルコミック(漫画)です。

その人気は日本にも広がっていて、数々のWebtoonが書籍化もされています。
現在その人気に拍車がかかっている新しい形の漫画となっております、

そんなWebtoonの特徴をご紹介します。

縦スクロール構成

Webtoonは従来の漫画の構成と大きく変わります。

その構成の違いは「縦読み」である事。
縦で読む事を前提に漫画自体を構成しております。

これはスマホで見る際にスクロールをするだけで漫画がスイスイ読める。という利点があります。

またスマホで読む前提で漫画を制作している為、従来の漫画をスマホで見た時のような窮屈さや、線画潰れる事も少ないです。

現在のユーザーにベクトルを合わせた漫画がWebtoonです。

「間」を大体に使える。

Webtoonの特徴の一つに「間」を大体に使える。部分があります。

Webtoonは縦スクロールで展開されるので、基本的な漫画の横読みと間の使い方が変わってきます。

縦という空間をスクロールしていくので、そこにゆとりをもった演出が可能となっております。

これは横読みだと難しい演出になります(数ページ間に使うと読みづらいしテンポが落ちる為)

またそのゆとりをもった空間がゆえ、印象付けも可能となっております。
スクロールというアクションに合わせた技法とも言え、Webtoonの大きな特徴となっております。

10代〜20代に読みやすい漫画

スマホ世代に特化した漫画構成であるWebtoon。
もう一つ10代〜20代が読みやすい。それもWebtoonの特徴で、その際たる理由は「時間をかけずに読める」です。

Webtoonはスマホに合わせた漫画、スクロールアクションに対応させた構成。
これらの特徴は「時間をかけずに読める」ことへ直結しています。

スマホに合わせた漫画なので、セリフ量や情報量も伝わりやすく削って構成されていることが多いのと、それによりスクロールアクションがスイスイ進みます。

10代〜20代は「早く分かりやすく情報を得る」そして気になるものだけキャッチしていく傾向があるので、サクサク読める漫画は好まれやすいです。

スマホ世代にがっちりマッチした漫画構成となっております。

Webtoonはビジネスにマッチするのか?

スマホ世代(10代〜20代)に特化した漫画構成のWebtoonですが、ではビジネスにマッチするのか?

結論はマッチする可能性がある。です。

理由と致しまして、現在漫画をビジネスに使用する場合はほぼほぼWebになります。

Webページ自体の構成が縦の為、Webtoonの構成がマッチしています。
その為、Webtoonがビジネスにマッチする可能性は大いにあります。

スマホを多く使用するユーザーにみやすい・分かりやすい・時間をかけず読める。は大きなメリットになります。

自社の商品を伝えるには大いに効果を出せます。

デメリットがあるとすれば「toC(スマホ)」に特化した構成過ぎる為、PCで見ると見づらくなります。

これはサイトの幅の関係ですが、縦漫画をPCの幅に合わせると大きすぎてしまし、テキストや線も大きくなり過ぎる為見づらくなってしまいます。

なのでtoBの様なPCで多く見られる様なビジネスには向かないです。

しかし現在のビジネスにおける漫画は横読みを想定して作られている為、縦読みに特価したWebtoonは大きな可能性があると感じています。

漫画制作はミツモト漫画制作にお任せ!

ミツモト漫画制作ではWebtoonの制作を承っております。

その他にも漫画LP・漫画動画・広告漫画やコミカライズも承っております。

漫画に関してのお問い合わせはお気軽にどうぞ!


    漫画制作漫画LP漫画動画その他ご相談

    PAGE TOP