発注時に便利な漫画用語集

ビジネスで漫画を活用する機会が増えている昨今。

漫画はアプローチが効果的だったり、販促効果が高かったりと、漫画を使用するメリットは沢山あります。漫画を発注する機会がある、またはこれから予定している方も多いのではないでしょうか。しかし実際に漫画を発注し漫画を制作するとなると共通言語としての「用語」は抑えておかないと進行がスムーズに進みません。そこで今回は、マンガの基礎用語を解説します。

漫画を発注する際に用語を確認し、スムーズに認識違いのない進行をお助けできれば幸いです。

シナリオ

脚本。場面の構成や人物の動き・台詞などを書き込んだもの。

基本的に漫画家の中でシナリオという概念はあまり存在せず、創作面において「構想」がこれに当たる部分です。

しかしビジネス漫画において「シナリオあり・なし」の表現がありますので、ここに追記させて頂きました。

漫画発注時に発注側でシナリオを決め、漫画家に渡す方法も存在し、その際は漫画家はそのシナリオに沿って、漫画を制作していきます。発注サイドに明確な意図があり、シナリオを作成する場合は細かい指示を書き込むの方が認識のズレが少なくなります。

細かくシナリオを作り込むほど、意図した漫画が出来上がります。しかしその分こちら側のコストもかかります。ヒアリングの際に意図を汲み取ってくれ、シナリオを読んでくれる漫画家がいればここのコストも削減出来ます。

キャラクター設定

漫画を発注する際にキャラクター設定をする方は少ないと思いますが、明確なキャラクター設定をする事も可能です。

また漫画家に投げる事も出来ますが、なるべく設定をする事をおすすめします。商品やサービスをPRする漫画でもキャラクター背景がある方が漫画に厚みが出ますし、感情移入にも繋がります。

またよく用いられるお助けキャラクターも設定を作り込む事で、インパクトのあるキャラクターになります。

プロット

プロットは漫画の設計図の様なものです。イメージとしてはシナリオをより解像度高く仕上げた物になります。シーン毎の切り分け、登場人物の配置から台詞入れ。これらを適切に配置し、練り上げていきます。ここの設計が甘いと漫画としての出来栄えが悪くなるので入念な作り込みが必要です。

ネーム

先のプロットを実際にラフとして漫画形式に描く作業です。

コマを割り、登場人物や台詞を入れてビジュアル化する事で漫画の流れを確認できます。またシーン毎の強弱の確認もできます。

主に漫画を発注した際に確認をする部分です。このネームを元に作画していくのでとても重要な確認事項です。

コマ割り

コマ割りは文字の通り、漫画をコマで割る作業です。
シーンをただ単にコマとして割るだけではなく、シーンを切り取る役目がありますので、適切なコマ割りでより効果的にシーンを伝える事ができます。

また強弱をつける事により見せたいシーンを強調する事もできます。

効果線

効果線とは漫画の演出の一部で、スピード感やキャラクターの心情を表す際に使用します。

走っているシーンでは横線を使用したり、キャラクターが驚いているシーンでは縦線を使用したります。また線の太さを変えても効果が変わってきます。

臨場感を出すのにとても効果的な演出です。

効果音・効果文字

漫画のシーンで使用する効果音等を文字で表現したものになります。漫画の表現方法の一種で、様々なシーンで活用されます。

ここを使用することでより臨場感を出すことも可能です。また独特な効果音をしようするとコメディとしての要素を与える事が出来ます。

着色

ビジネスで漫画を使用する場合は「フルカラー・白黒」を選択する事ができます。フルカラーで使用する場合が多く、フルカラーで使用する際は着色の作業が発生します。

フルカラーと白黒での費用は違う場合もあるので、使う媒体によって選択しましょう。

まとめ

漫画を発注する際にこれらの用語を共通言語として使用すると、スムーズな認識の共有ができると思います。

是非漫画を発注する際に使ってみて下さい。

漫画制作はミツモト漫画制作

ミツモト漫画制作ではより「伝わる」漫画の制作を行なっております。
Web業界の経験から様々な業種に関わってまいりました。

ディレクションからしっかりヒアリングをし、より伝わる、課題解決できる漫画の提供をしております。

漫画の事が分からなくても、しっかりとサポートして進めて行くので安心してお任せ頂けます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

PAGE TOP