難解な内容でも漫画ならしっかり伝わる理由

分かりにくい、難解な商品やサービスは漫画で伝わる

HPや記事で「これ分かりづらい」「頭に入ってこない」という経験を少しでもした事がある方は多いのではないでしょうか?

専門用語が多かったり、想像しにくい等、自分の知らない領域の情報は頭に入ってきにくいものです。特にテキストは想像させる事への脳への負荷が多く、それにより読む気をなくす事にも繋がります。

漫画はそれらのデメリットを打ち消す効果があります。具体的な効果をまとめていきます。

絵とテキストとしての展開

昨今ビジネス漫画書を見かける機会が増えていませんか?その理由は圧倒的に「読みやすく」なる為です。

漫画は「絵とテキスト」で構成されています。テキスト中のイラスト補完とは違い、全てが絵とテキストで構成されています。

またビジュアルとしての汲み取りとテキストでの汲み取りが出来ます。これは読み手の「読む」という負担を下げる結果に繋がります。よって難解な内容をビジュアルとテキストで伝える事で、より内容が入りやすくなります。

なので、ビジネス書等少し内容が難解であったり固めの内容を漫画で表現する方法が流行っております。これはより多くの層に向けたアプローチだからです。

漫画という表現方法で窓口を広げるという意図もあります。敷居を下げ、読んでもらうという効果も期待出来ます。

想像の補助

漫画が難解な内容でも伝わる理由の一つに「想像の補助」があります。

何回な内容は「想像しにくい」と感じる方が多いと思います。テキストだと尚更想像しにくいと思います。漫画はそれを絵とテキストで表現する事により想像しやすい作りになっています。こと「ビジュアル」に関しては様々な表現方法があるため、実写より伝わるように表現する事ができます。

想像の補助をすることで、読み進んで貰える確率が上がり、効果的に伝える事が可能となっております。

興味関心への訴求力

漫画は興味関心への訴求力が大変強いです。
漫画があるとついつい読んでしまうことありませんか?漫画は日本において娯楽要素がとても強く、漫画は楽しい物という認識がとても強いからこそ、見てしまう媒体だと感じます。

テキストとしての情報が大量に流れるこの時代だからこそ、漫画は娯楽的要素から読む行為の敷居がグッと低くなります。

同じ情報だとしてもテキストと漫画が並んでいたら、漫画を選んでしまうユーザーの方が多いと思います。また、現代は活字離れが加速している為、より漫画での訴求力が上がっていると感じます。

ストーリーで読ませる

難解な内容も漫画を使う事で、より分かりやすく・より伝わりやすくなります。そして「ストーリーとして読ませる」事ができる為、離脱する可能性が低くなるのも特徴です。

「人は物語に興味を持つ動物」と言われることもあります。単純な説明よりも、「物語」のほうが興味ないことでも読んでしまいます。これは日本ではさらに顕著で、日本には漫画・アニメ・映画・小説・ドラマ。と物語を楽しむ文化がとても根付いている国だと思います。なのでより「漫画を通してストーリーで伝える」ことで、難解な内容も読み進めて貰えます。

漫画は訴求力もさることながら、難しい物を様々な角度から噛み砕き分かりやすくする事ができます。これは分かりやすさを求める現代ではとても強力な武器になると感じてます。

選択の多い現代で情報に疲れている方が多くなっているからこそ、より「分かりやすく」「伝わりやすく」ユーザーに優しい届け方を漫画で実現してみてはいかがでしょうか?

漫画制作はミツモト漫画制作

ミツモト漫画制作ではより「伝わる」漫画の制作を行なっております。
Web業界の経験から様々な業種に関わってまいりました。

ディレクションからしっかりヒアリングをし、より伝わる、課題解決できる漫画の提供をしております。

漫画の事が分からなくても、しっかりとサポートして進めて行くので安心してお任せ頂けます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

PAGE TOP