ただ漫画を入れるだけは危険。ビジネスにおける漫画の絵柄の使い分け

ビジネスに漫画を活用する機会が多くなってきている現代、漫画の「絵柄」の部分はどういった機能をしているのかをご存知ですか?今回は漫画の絵柄に関して解説していきたいと思います。

現代ビジネスに漫画が使われている理由

現在ビジネスに漫画がよく使われています。なぜビジネスに漫画が使われているのか。その理由は「情報の差別化」の部分が大きいです。現在ネット社会になり、人が受け取る情報量は膨大になりました。人は日々数えきれないくらいの情報を目に入れています。そんな情報を漫画として伝えることで、情報の差別化が出来ます。また漫画は「ついつい読んでしまう」「記憶にのこりやすい」「擬似体験ができる」など、情報を伝えるという面でとても適しています。

絵柄の効果

漫画にとって絵柄は切っても切り離せない部分です。漫画には絵柄というものが存在し、多岐にわたり様々な絵柄が存在します。少年漫画の様なわりかしシンプル絵柄やリアルテイストのビジネス漫画の様な絵柄、また少女漫画風の絵柄やデフォルメが効いた可愛らしい絵柄など。これは作者の「癖」の部分で若干左右しますが、大きくカテコゴライズ出来ます。

ビジネスとして使うにあたり、この絵柄の部分を最適化することで、より多くの方に情報を届けられる様になります。ここが写真とは違う箇所で「カスタマイズ性」の部分で様々なニーズに合わせる事が出来ます。

届けたいターゲット層に合わせて絵柄をカスタマイズする例として
・固いイメージで伝えたい場合は青年誌等のリアリティのある絵柄
・フラットに読んで欲しいなら、少年誌風の絵柄
・年齢層が低いターゲット(事業として)ならデフォルメの効いたかわいらしい絵柄
・女性がターゲットなら少女漫画風の絵柄

この様にターゲット毎に絵柄を分ける利点として、「読んでもらいやすい」という部分と、「共感性」を高める効果もあります。極論ですが、ターゲットが中高年の男性向けなのに、少女漫画風の絵柄をしようしても共感はしにくいと思います。

この様に漫画を機能させるという面において絵柄はとても重要な要素となっています。

絵柄をどうやって選べばいいか

絵柄を選ぶ際は。その商品やサービスによって選択していきます。業種やターゲットにより選定をしますが、基本的には「ターゲットが見てくれる・共感してくれる」事が前提です。そこに綺麗目な絵なのか、少しワイルドな絵柄なのか、等を付け加えていき、決めていきます。

ただ単に漫画を入れると危険

絵柄の選定をし、キチッとターゲットに届ける。
ここが出来ないと、漫画を使っても最大限漫画の効果を発揮出来ません。

折角漫画を発注しても漫画の効果が発揮されていないと、大きな機会損失になってしまいます。絵柄の選定は漫画家が行う場合とディレクターが決定する場合がありますが、個人漫画家の場合は事業ベースで漫画への落とし込みができない。よって絵柄の選定力が乏しい事が多いです。

漫画制作はミツモト漫画制作

ミツモト漫画制作ではより「伝わる」漫画の制作を行なっております。
Web業界の経験から様々な業種に関わってまいりました。なのでしっかりとした絵柄の選定が可能となっております。

ディレクションからしっかりヒアリングをし、より伝わる、課題解決できる漫画の提供をしております。

漫画の事が分からなくても、しっかりとサポートして進めて行くので安心してお任せ頂けます。

クライアント様の利益向上に直結するお仕事を行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP