漫画の効果を解説!漫画広告・漫画LP・漫画動画!漫画が今の時代のビジネスにフィットしている理由とは?

最近漫画がビジネス用途で使われているのを見る機会が増えてきていませんか?

広告に漫画
ランディングページに漫画
動画に漫画
SNS発信に漫画

今現在ビジネスに漫画を使う企業様が増えています。
じゃなんで漫画が使われているか?効果は?についてお答えしていこうと思います。

漫画は情報としての差別化として使われている

現在はネット社会と言われています。多くの人がスマホを持ち、スマホがインターネットに繋がり、それこそ天文学的数字の「情報」を見ています。記事にSNSに動画に。そんな中でも人の情報を「受け取れる」キャパは決まっています。なので今の時代は無意識に情報の取捨選択をしていると思います。興味の無い情報は見てもくれません。そこで多くが力を入れている部分は「キャッチコピー」です。キャッチコピーで興味を持ってもらい読んでもらう。

しかしキャッチコピーより強力な興味を持ってもらえるフック、それが「漫画」です。多くの記事のキャッチコピーや説明の中に漫画があるだけで目を引きます。そして漫画の作りは「興味を持ってもらう」作りにそもそもなっているので、そこに漫画があるだけで、人は覗きに行ってしまいます。

情報として圧倒的に差別化できます。それはどこの媒体でも一緒です。テキスト離れが叫ばれる昨今では、さらに強力な情報として漫画が伸びています。

ビジネスにおける漫画の効果

テキストで表現することに対し、漫画で表現する事にどんな効果があるのか?漫画を使う部分での効果は様々です。そんな漫画の効果をご紹介していきます。

漫画の効果①漫画というビジュアルでの差別化

漫画は他の画像と比べても差別化が出来ます。多くの画像が写真にキャッチコピー、写真にデザインなどです。しかし漫画はそれらとはまったく別物のビジュアルです。人物の絵があり、背景がありセリフがありコマ割りが引いてある。漫画と認識できるだけで興味を持ちます。とても強力な差別化になります。

漫画の効果②情報として見やすい

漫画は絵とテキストで展開される為、テキスト主体の情報より見やすい作りとなっています。また「見る参入障壁」が断然低く、見るのに抵抗がなくすんなり読んでもらるのが特徴です。

漫画の効果③共感性が高い・擬似体験につながる

共感性が高いという部分は、ストーリーやキャラクターを通して、自分事と捉えて読み進める側面が漫画では強いので、結果共感性が上がります。ここは説明的なテキストでは再現できない部分です。またここの部分が擬似体験にも結びついてます。昨今は「ストーリーでの伝え方」に様々な工夫がされています。機能面での差別化が難しくなり、ストーリーとしての差別化が重要になってきた為です。そんなストーリーを伝える為には「共感性」がとても大事で、それは主に「物語」「キャラクター」「演出」によるところが大きいです。それらを漫画は全て兼ね備えています。漫画は現在の「伝える」に適しています。

漫画の効果④記憶に残りやすい

漫画は物語やキャラクター、その場のシーンの演出またセリフとビジュアル的にとても印象に残りやすいのが特徴的でもあります。本の細かい部分は覚えていないくても、漫画のシーンは覚えている。という事ありませんか?それほどに漫画は記憶に残りやすいです。物語としての「流れ」を記憶しているので、断片的な情報より流れの情報のほうが記憶に残りやすくなっています。商品やサービスを記憶に残して欲しいなら漫画は最適です。

漫画の効果⑤幅広い層にアプローチ出来る

漫画は幅広い層にアプローチ出来るのも強みの一つです。漫画には「絵柄」があるので、子供向け絵柄・ビジネス向けの絵柄・女性向けの絵柄など様々な絵柄として切り替える事で興味関心を持ってもらいやすくなります。ここは写真と違ってビジュアルを寄せる事が出来る部分でもあるので活用もしやすくなっています。なので商品やサービスのターゲット層に効果的なアプローチが漫画ではできます。

漫画の効果を上手く使えばビジネスを加速させることが可能です。
・興味をもってもらう
・読み進めてもらう
・商品やサービスを伝える

ビジネスではこれらを伝える事がとても重要で、漫画はテキストよりこれらをより効果的に行うことができます。

漫画をビジネスで効果的に使う

漫画をビジネスで効果的に使うには、知識が必要です。ホームページに使うのか、ランディングページに使うのか、動画に使うのか、配信に使うのか。

それらの知見も必要ですが、「どうすれば漫画を効果的に使えるか」の知識がないと、効果的に漫画を使えません。商品やサービスの特徴に合わせた物語・キャラクターの設定、エピソードの見せ方や演出等、漫画の知識が無いと構築できない部分です。なので漫画を使う際には、漫画の知識とスキルがある人に漫画制作をお願いする事をお勧め致します。

どこで漫画を発注すれば良いか?

現在漫画の発注方法として主流なのは、漫画制作会社に発注するか、クラウドソーシングで個人漫画家に発注するか、のどちらかです。

ここで注意して欲しいのは、社内報で扱う情報をキチンと漫画に落とし込めるか、見やすい絵柄で漫画を制作出来るか。です。

漫画家は漫画を描く際に創作は得意だけど、他のコンテンツを漫画として落とし込むのが苦手な方が多いです。ビジネス経験や事業の理解が必要になってくるので、全員が持ち合わせている知見ではありません。

また絵のクオリティの担保もしっかりとしなくてはいけないので、ポートフォリオを見てしっかり見定めて発注をしてください。

漫画制作ならミツモト漫画制作

ミツモト漫画制作ではより「伝わる」漫画の制作を行なっております。
Web業界の経験から様々な業種に関わってまいりました。

ディレクションからしっかりヒアリングをし、より伝わる、課題解決できる漫画の提供をしております。

漫画の事が分からなくても、しっかりとサポートして進めて行くので安心してお任せ頂けます。

クライアント様の利益向上に直結するお仕事を行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP