【YouTube】漫画動画の広告効果を解説。漫画×動画の強みとは

現在YouTubeを席巻している「漫画動画広告」
皆さんも一度は目にしたことがあると思います。現在多くの企業が活用している漫画動画広告、なぜそんなに漫画動画広告が活用されているのか?そんなYouTubeにおける漫画動画広告の強さ、効果を今回は解説していきたいと思います。

漫画の強み

・ついつい見てしまう訴求力の高さ
・伝わる情報量の多さ
・擬似体験から共感性を生み、アクションに繋がる
・様々な業種に対応でき、表現できる幅が広い

漫画の強みはやはり、訴求力と共感性。日本では漫画はカルチャーとして根づいている為、漫画の教育が進んでいます。「漫画を見る」という行為が身近で更に「娯楽性」を含んでいる為、漫画はついつい見てしまう。
更にストーリーをとキャラクターを通じて情報を渡すため、ユーザーは漫画を擬似体験として体感し、キャラクターを通して見る為共感性があがります。

これが漫画を広告として使うメリットです。

漫画動画広告はユーザーに伝える場面で使う機会が多い為、より共感してもらうのがミソとなっております。また情報が多くなりがちですが、それも漫画を通して伝える事で脳に負担をかけず見てもらえます。そのことによって離脱率も下がります。

また様々な業種に効果的に伝えるため、絵柄の選定ができるのも強く、商材によって効果的な絵柄の選定ができます。

この用に漫画動画広告における漫画のメリットはとても大きいです。

漫画と動画を組み合わせた強み

上記の様に漫画の強みは沢山あり、そこに動画を組み合わせることにより、更に効果をプラスすることができます。

動画の強みは「能動的に見てもらえる」部分があります。
動画・映像に関しては人受動的に見ることができます。テキストは「読む」事が発生する為能動的になり、ユーザー負担が多く、こと広告においては不利になります。

そこを漫画の訴求力の強さ、またテキストはセリフがありますが音声で伝えるため、より受動的に見て貰えます。

そして受動的に見ているにも関わらず、訴求力がつよく、擬似体験が出来て共感もする為広告としてかなり強力な訴求方法になっています。

また現在YouTubeをみているユーザー数の多さ、SNS広告でも動画広告の比率が上がってきている為、全ての広告に訴求力高く使用できます。

漫画動画広告のデメリット

漫画動画広告のデメリットは「作りにくさ」だと思います。

漫画動画広告を作るには「シナリオ」「作画」「動画編集」「声あて」が必要で、漫画家と動画編集者、声優が必要になってきます。
これは内製で揃えようとすると、その採用コストがかかってきます。また漫画家にちゃんと広告としての効果を盛り込んだ漫画制作が可能かも重要になってきます。

漫画動画広告は漫画の役目が重要なので、きちんと広告漫画がかける作家を探さないといけません。また画力も重要でそのチェックも必要となってきます。

漫画動画広告を作るにあたり、人材を集めるコストがかかるのがデメリットとして存在してます。

漫画動画広告の制作ならミツモト漫画制作

ミツモト漫画制作ではそんなデメリットを打ち消す制作ができます。

作画から動画編集、声優さんの用意まで一括してお任せ頂けます。そしてディレクターが漫画家としての活動、ディレクターとしての経験から、広告を効果的に漫画に落とし込む事ができるので、効果的な漫画動画広告の制作が可能となっております。

また様々な絵柄をご用意しておりますので、様々な業種の漫画動画広告の制作が可能です。

無料でお見積もりをお出ししております。
お気軽にお問い合わせ下さい。


    漫画制作漫画LP漫画動画その他ご相談

    PAGE TOP